>

悪天候は掃除をサポートしてくれる

雨の日は雨水と湿気を生かして

雨の日は水拭きを伴う掃除に適さないことから、掃除に向かない日というイメージが強いでしょうし、実際に室内の水拭き掃除や水回り・和室といった水気が多い場所や水拭きを必要とする箇所の掃除には、湿度が高くなるため適しているとは言えません。

しかし、雨の日は湿度が高いことで空気中の水分が豊富になることから、ホコリが水分を吸着して舞いにくくなったり、乾燥した汚れがやはり水分を吸着して若干落ちやすくなったりといったメリットもあるため、必ずしも全ての掃除に適さないわけではありませんし、湿度を気にする必要がある室内とは違って、外窓や外壁、ベランダの掃除に雨水を利用できるため、普段掃除しにくい箇所を掃除するチャンスにもできます。

曇っている日に掃除するなら

曇りは天気の中でも非常に微妙で、晴れ寄りの曇りもあれば雨寄りの曇りもあるなど、気温も湿度も中途半端になりがちですが、室温と湿度の振れ幅は大きくなりにくく、室温や湿度の影響が少ない箇所の掃除を行うと、晴れた日や雨の日に、天気を利用した掃除を優先的に行う余裕を作ることができるはずです。

では、曇った日に行う掃除に何が適しているかというと、雨寄りでやや湿度が高めの日なら、空気中の水分を吸着し汚れが落ちやすくなる内窓の拭き掃除やサッシの掃除、加えて土が湿気っていることが見込めるなら、ホコリがたちにくいことを利用した玄関回りの掃き掃除や乾燥していると引き抜きにくい家回りの雑草抜きなどもお勧めですし、晴れ寄りで気温が高めなら室温も高くなるので、乾湿よりも融点が重視される油汚れの掃除を行うと良いでしょう。


この記事をシェアする